« 選挙 | トップページ | RO GvGレポ (2005/9/11) »

2005/09/14

選挙終了

衆議院選挙終わりましたね。投票に行かれた方おつかれさまでした。私は選挙速報見てから脱力してました。

自民党が勝つとは思っていましたが、私の周囲やネットで色々見た限りでは、自民党派はそこまで多くない印象だったので、ふたを開けてみたらあまりの圧勝ぶりにびっくりしました。

一過性のブームに乗りやすい日本国民の性質が顕著に表れた例だなと苦笑い。投票率は上がったかもしれないけど、結果をあまり考えずにイメージだけの投票が多数行われたんじゃないのかしら。

消去法で自民党を選択した人も多かったみたいですしね。今回のこの結果は政策うんぬんではなく、マスコミをうまく利用した自民党の選挙運動スタッフの勝利だと思います。

「国民との約束編」「改革の本丸編」の二本のCM。とってもシンプルなつくりでしたね。それだけにインパクトは大きかったようです。

噂では、あまり深く考えないだろう老人や女性をターゲットにしてたらしいのですが、失礼な話だと思いつつも出口調査の結果を見ると、やはり特にその層には効果抜群だったみたいでため息…。

投票理由「小泉さんかっこいい」って、なんだそりゃ!

また、今回自民党と公明党合わせて三分の二以上の議席を確保したわけですが、これで憲法改正の可能性も出てきました。

議会で憲法改正案が発議された場合、国民投票にかけられます。そこで過半数の賛成が得られると国民が憲法改正を承認したことになるのです。

確かに憲法には時代遅れな部分もあるとは思いますが、今回の選挙のようにマスコミ利用で改正が承認される恐れがあるので不安でしょうがないです。極端な話、気づいたら戦争OKな国になってるかもしれませんよ?

自民党の勝ちはゆるぎないものだったかもしれないけれど、せめて連立与党くらいの議席であって欲しかったですね。ここだ!という政党がない以上、単独与党は危険すぎると思います。

しかし、仮に国民の選択が間違っていたとしても、これから四年間はどうしようもないというのが現実です。(さすがに過半数取っての解散の可能性は低いですからね。)

今更あれこれ愚痴をこぼしても仕方がないので、結果を真摯に受け止め、今後たとえ庶民いじめの政策が実施されようともそれに負けない人生設計を行っていきたいと思います。

自分の身は自分で守れ。

|

« 選挙 | トップページ | RO GvGレポ (2005/9/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選挙 | トップページ | RO GvGレポ (2005/9/11) »