2005/07/17

スターウォーズEP3

♪ダンダンダンダッダンダッダン~

おはようございます。朝からダースベーダーのテーマソング?が頭の中で鳴り響いている瑞希です。昨日、EP3見たのですが、ものすごい迫力でした。色々と腑に落ちない部分もありましたが娯楽作品としては最高だと思います。

と偉そうに書いてはみたものの、正直スターウォーズはあんまり詳しくないです。シリーズ作品それぞれ一回しか見てないですし、EP4~6もEP1が出たときに初めて見たくらいです。

昔々ドラえもんの映画で「のび太のリトルスターウォーズ」ってありましたよね?あれってスターウォーズのパロディというかスターウォーズのエピソードがいろいろと出てくるんですが、先にドラえもんの方を見たのでパロディ的な面白さがまったくわかっていませんでした。

それどころか、スターウォーズEP4を見たときに、おお!ドラえもんだぁ~!!と思ってしまったなんてこと、スターウォーズファンの前でとてもじゃないですが大きな声では言えません。

さてここから先はネタばれです。

スターウォーズの世界の設定に疎いため、詳しい方からすると見当違いのことを書いてるかもしれませんが、さりげなくスルーしていただけるとうれしいです。もしくはWeb拍手より突っ込んでくださっても結構です。

ここから感想です。ネタバレ注意。

続きを読む "スターウォーズEP3"

| | コメント (0)

2005/05/11

『ナルニア国物語』映画化らしいデスネ。

C・S・ルイス作『ナルニア国物語』のシリーズをウォルト・ディズニーが映画化するそうですネ。第一巻の『ライオンと魔女』の撮影はもう終了したとか。日本では来年三月に公開だそうです。前評判では『ハリー・ポッター』や『ロード・オブ・ザ・リング』を超えるという噂だそうです。ちなみにこの物語は『ロード・オブ・ザ・リング』の原作である『指輪物語』と同時代に書かれたもので、ルイスと『指輪物語』の作者であるトールキンとは仲の良い友人同士だったそうです。(映画のオフィシャルサイト)

私にとっては子供の頃に読んだ大好きなお話なのですが、人に薦めていいものかどうかはちょっと悩みます。何故ならこの物語は単なるファンタジーではなく、根底にキリスト教という宗教の世界観が色濃く流れているからです。先入観をもたない子供ならば、ハリー・ポッターの魔法の世界を受け入れるように根底にある宗教観とは関係なく物語自体を楽しむことができるでしょう。しかし、キリスト教についての多少の知識をもったキリスト教徒ではない人たちにとっては、物語の中で違和感を感じてしまう部分も多いんじゃないかなって気がします。

でも、そこはディズニーですからね。ある意味期待を裏切って、原作の根底にあるものを見事に無視した娯楽作品に仕上げてくれるかもしれません。それについては、いろんなところで賛否両論語られているようですが、私としては原作(日本語訳だけど)の物語全体に静かに流れる美しい調べを壊さないでくれたら満足かなぁ。薦めていいものかどうか迷いつつ、できれば一度は原作を読んでそのリズムを感じて欲しい気もします。

とここまで書いて、この文章自体が先入観を持たせる役割をもってしまう可能性に思い当たりましたが、読んでる人少なそうなのでこのままアップすることにします。私のせいでこの映画を楽しめなくなってしまった人がいたらゴメンナサイ。迷いながら書いたせいか文章自体にもまとまりがないですね。それもまたゴメンナサイ。

| | コメント (0)

2005/05/04

無料ブロードバンド放送

最近、USENの無料ブロードバンド放送サービス「GyaO」にはまってます。試験放送中はドラマとニュースと音楽しかコンテンツがなかったんですが、最近本格始動になったみたいでコンテンツも色々と増えて、無料とは思えないサービスぶりです。私はその中の海外ドラマ「ファースケープ」というプログラムがお気に入り。

おおまかな内容は、宇宙船「ファースケープ」のテスト飛行中に突然現れたワープゾーンに飲み込まれ、どこだかわかんない宇宙空間へ飛ばされてしまった地球人の主人公が、そこで出会った異性人たちと共に各々の故郷探しの旅をする、というもの。宇宙船が生き物だったり、一緒に旅する仲間がみんな脱獄囚だったりと、一風変わった背景です。

普段はドラマとかあんまり見ないんですけど、久しぶりにはまって見てます。ちなみにこのドラマ、一話の制作費が140万ドルらしいです。まぁ、はっきり言ってどこにそんなに金がかかっているのか分からないんですけど(セット?CG?)、一話簡潔なので気軽に楽しめます。

同じドラマのコンテンツの中にヨン様の「冬のソナタ」とかもあるので、お母様がヨン様ファンの方は母の日のプレゼント代わりに紹介してあげるのもいいかもしれませんネ。

| | コメント (0)